おすすめの豊胸手術を受けられる東京のクリニック

胸が小さくて悩んでいました

胸が小さくて悩んでいました / 現在はシリコンジェルが主流 / クリニックは施術後のアフターフォローも万全

胸が小さくて悩んでいましたが、豊胸手術で解消できました。
東京には、おすすめの豊胸手術を受けられるクリニックが多いです。
豊胸手術には様々な種類があるので、最初は手術方法を絞り込みました。
インプラントを利用する方法では挿入する部位を乳腺や大胸筋、胸筋膜の下から選択します。
クリニックでは希望や体質、体格に合わせて最適な施術方法を提案してくれます。
大胸筋は筋肉が分厚いため、バストに触れた時にインプラントの感触がないです。
形も自然なので、大胸筋の下に挿入する方法は皮膚が薄い人や皮下脂肪が少ない人に適しています。
乳腺の下に挿入する方法は、柔らかいインプラントの動きが特徴です。
バストが垂れている人や、谷間を作りたい人に向いています。
大胸筋を包んでいる筋膜の下にインプラントを挿入する方法は、バストの変形が少ないです。
内視鏡を使った挿入法は、小さい切開口から広範囲の手術ができます。
脇の下からインプラントを挿入する従来の方法は、手さぐりで挿入します。
内視鏡が導入されると、担当医が目で確認して施術を行うため安全性が向上しています。
美容面でもメリットが多いため、最近は内視鏡を使う方法が注目を集めています。
昔の主流だったシリコンジェルは粘度が低く、強い衝撃を受けると外側のバッグが破損して体内に流れ出るリスクがあります。